魔法の液体

初めてお酒を飲んだのは大学生になってから、と言いたいのですが、残念ながら酒飲みの家系に生まれた僕は幼い頃から知らずしらずの内にお酒を飲んでいたようです。小学生の頃、僕はコーラが大好きで、小銭を握りしめて近所の駄菓子屋に通っていました。ある日、駄菓子屋から戻った僕に、ほろ酔い気味の父親が魔法の液体をコーラに足してくれました。元々酔っ払いが嫌いだった僕は、父親の言葉を信じることもできず、でもせっかく買ってきたコーラを飲まないわけにもいかず、魔法の液体が入ったコーラを飲んでみました。すると身体がポカポカしてくるのです。今までのコーラは爽やかで身体を冷やす印象が強かったのに、このコーラは反対に身体が温まる。魔法だ。興味を持った僕はその後も何度か父親に魔法の液体を入れるよう要求しました。

しかし、それは長くは続きませんでした。魔法の液体を入れる瞬間を母親に見られてしまったからです。母親と父親の大喧嘩が始まりました。美味しく飲めるのだからそんなに怒ることはないだろうと子どもながらに思っていたのですが、どうも原因はその魔法の液体にあったようなのです。その魔法の液体の正体は、ニッカウイスキーでした。僕はこの時初めてコーラにウイスキーを入れると美味しさが増すと知ったのです。母親には申し訳なかったのですが、その後も隠れて父親のニッカウイスキーを勝手にコーラに足して飲む機会がありました。父親にはバレていたようですが。

今思えば、本当にろくでも無い父親だったと思いますが、そんな父親も僕が28歳の時に事故で他界しました。もし彼が今でも生きていたら、昔を思い出しながら魔法の液体が入ったコーラを一緒に飲みたいな。

関連記事

  1. 子どもの頃の日本酒

  2. 花酵母を使用した日本酒(その2)

  3. 花酵母を使用した日本酒(その1)

  4. SAKE COMPETITION2019の受賞蔵とそのお酒

  5. 三重県の地酒を購入するなら「べんのや」がおすすめ

  6. 花酵母を使用した日本酒(その3)