Amazon Kindle Unlimitedを2ヶ月無料で試した結果は

僕は日本酒が好きなのですが、読書も好きで定期的に本を購入して読んでいます。ちなみに読書した後は「読書メーター」という読書管理するサービスを使用して読んだ本の感想を登録しています。現在、364冊分のレビューがあります。読む本の分野はバラバラで、前回読んだ本が面白かったらその本の関連本を読んだり、読書メーターでフォローしているユーザのおすすめ本なんかを読んでいます。元々、企画の仕事をしていたので幅広い分野の情報を手にすることが癖になっています。

そんな読書好きな僕が最近試したのがAmazon Kindle Unlimitedの2ヶ月無料です。今では紙の本を読む機会が多かったのですが、普段だけでなく旅行など長い移動があるときに重たい本を持ち歩くのが苦痛になってきました。しかも、旅行の時は4、5冊持っていくので本のおかげで荷物の重量が制限を超えるなんてことも。こんな状態を回避する良い方法はないものか。そこで考えたのが電子書籍の利用です。

過去に一度だけ楽天がkoboという電子書籍リーダーを販売した際に電子書籍を読んだことがあります。ただ、杜氏はリーダーの機能も見やすさもイマイチで、結局まともに使うことはありませんでした。しかし、今はタブレット端末にKindleアプリをインストールしてAmazonの電子書籍を読むようになりました。Prime会員だったので、そこそこの種類の本は読めたのですが、やはり対象外の本の方が魅力的で、Unlimitedを試してみることにしました。

2ヶ月間で読んだ本

無料試用期間の2ヶ月で読んだ本は次の通りです。

1 2019年9月23日 レイライン2
2 2019年9月30日 図解 日本酒入門
3 2019年10月6日 俺か、俺以外か。ローランドという生き方。
4 2019年10月7日 世界一わかりやすいマーケティングの本
5 2019年10月9日 Web Designing 2019年6月号
6 2019年10月11日 まぼろしのパン屋
7 2019年10月18日 酒のほそ道
8 2019年10月11日 リードビジネス 打ち手大全
9 2019年10月21日 エクストリーム・チームズ
10 2019年10月21日 ドキュメント生還 山岳遭難からの救出
11 2019年11月3日 ハリーポッターと賢者の石
12 2019年10月31日 ちょっと知ると、もっと好きになる日本酒超入門
13 2019年11月11日 テレワークで働き方が変わる!
14 2019年11月18日 テレワークが未来を創る
15 2019年11月7日 ハリポッターと秘密の部屋

全部で15冊読みました。これら以外にも借りた本や雑誌はありますが、面白くなかったため途中で止めたので含んでいません。この15冊をKindleで購入して読んだ場合、総計17,959円になります。Unlimitedの月額会費は980円ですので、2ヶ月分で1,960円。だから差し引き15,999円分を得したことになります。もちろん、本を読むスピードによってはもっとお得になる人もいるでしょうし、そうでない人もいるでしょう。ただ、この差額を見る限り、Unlimitedの多くの契約者は恩恵を受けていると思います。

Amazon Kindle Unlimitedの弱点

2ヶ月間の無料試用期間中に気づいたことがあります。それは今まで購入していた本の多くが対象になっていないことです。具体的に言えば、村上春樹のような著名な作家の本はこのサービスで読むことはできません。当たり前のことですが、ファンの多い作家の作品はこのようなサービスの対象にしなくても売れます。だから今後も村上春樹がUnlimitedの対象になることはないでしょう。

これからUnlimitedと契約しようかどうか迷っている場合は、今まで読んできた作家の作品が対象になっているかどうか調べることが大切です。もし対象になっているのあれば本当にお得です。対象外であれば別途購入する必要がありますのでUnlimitedを使用するメリットはあまりないでしょう。

Amazon Kindle Unlimitedの使用メリット

それではこのサービスを有効利用する方法をご紹介しましょう。

① 普段読まない分野の本が気兼ねなく読める

僕は村上春樹が好きで、小説は彼の作品を含め限定されたものしか読みません。しかし、このサービスには他の作家の作品が大量に含まれているため、普段買って読まない作品も気軽に読むことができます。最初だけ読んで、面白くなかったらすぐに返却すればよいのです(このサービスは有料図書館のようなものです)。さらに女性向けのファッション雑誌を読むこともできます。女性を対象にしたビジネスを展開する場合、女性の志向を調べることが必要なのですが、コンビニや書店では手に取ることができませんよね。でもこのサービスなら誰にも気を使わずに好きなだけ女性誌が読めます。

② マンガも読める

普段はお金を払ってまでマンガを読もうとは思いませんが、このサービスではマンガも対象になっているため、気分転換にマンガを読むことが増えました。ちなみに今は「サラリーマン金太郎」を全巻読んでいます。ただし、こちらも「こち亀」のような著名な作品は対象外です。また、購読対象期間を過ぎると全く読めなくなるので、読みたいと思ったときに読むことをおすすめします。

③ 英語の学習に強い

特に充実していると感じたのは英語学習に関する書籍が充実している点です。このような書籍は当たり外れが大きく、購入した後に後悔することが多いのですが、このサービスなら失敗したら返却すればよいだけです。また、Amazonは米国の企業ですので海外書籍も読める点が特徴です。本格的に英語を勉強したいのであれば海外書籍の購読をおすすめします。

④ グラビア写真集も(大人対象)

これは男性には喜ばしいことだと思いますが、グラビア写真集も対象になっています。嫁や彼女がいる前でそんな本は開けませんし、そもそも書店で購入するのも恥ずかしいですよね。また、写真集は厚みもあり保管する場所が困るのですが(嫁や彼女にばれないように)、このサービスなら端末にデータとして入れるだけなので何の問題もありません。

⑤ 10冊同時に借りられる

例えば電車通勤の時は雑誌を読み、仕事の休憩時間ではビジネス書を、リラックスしたい時は小説を読み、嫁がいない時はグラビア写真を見る。というように、シーンによって読みたい本が変わると思います。このサービスでは同時に10冊まで読むことができるため、このような読み方が実現可能です。意外とこの機能は重宝しますよ。

まずは1ヶ月試してみましょう

現在、Amazon Kindle Unlimitedでは初回30日間の無料体験を実施しています。このようなサービスは契約前に必ず試した方がよいです。自分が読みたい本がそこにない場合、本当に無駄なお金と時間を割くことなるからです。読む価値のない本に時間を割くのなら、お金を出してでも読みたい本を読む。読書好きにはそのような人が多いと思います。そういう自分に向いているサービスなのか、ぜひ1ヶ月間試してみてください。

 

読むための端末はスマホで十分だと思いますが字が小さくなる可能性がありますので、読みやすさを重視するならiPadなどタブレット端末がおすすめです。ちなみに僕はファーウェイの格安タブレット端末で読んでいますが、視力保護機能も付いているので長時間でも読み疲れしません。また、お金に余裕がある場合はKindle専用の端末購入もおすすめします。これは読書に特化した端末ですので、読書好きにオススメします。

 

最後は宣伝のようになってしまいましたが、まだ電子書籍で読んだことがない人は、これを機会に試してみてください。おそらく今後の書籍は環境面を考えても電子書籍が一般的になっていくと思うからです。ただし、電子書籍は端末のバッテリーが無くなると何も読めませんので充電はこまめに行なってくださいね。

関連記事

  1. 温度調節が簡単!今年の冬はコレで日本酒の熱燗を嗜もう。

  2. 食パンの焼き色にこだわりたい人のための3万円オーブン

  3. 野菜の鮮度を保つ魔法の卵「アンドグリーン 鮮度保持エッグ」

  4. インスタント焼きそばを、本当の焼きそばにする商品