【意外な一品】金華鯖の鯖寿司(宮城県)

鯖寿司と聞いて、どこの地域をイメージしますか?現在では九州から北陸まで幅広い地域で食べる文化が根付いていますが、以前は京都と岡山が鯖寿司で有名でした。京都の鯖寿司は日本海側の福井県若狭地方で水揚げされた真鯖を一塩にしてから荷車で山を越えて運ばれていました。この道のことを鯖街道を呼び、現在はこの道を走る鯖街道ウルトラマラソンが有名です。一方、岡山は山陰地方で獲れた鯖を塩漬けし、出雲街道を通って岡山まで運ばれていました。この2つの地域で共通していることは、海が遠かったり海産物の流通が発達していなかったこと。このようなマイナスの条件があったからこそ、鯖寿司を食す文化が根付いたのでしょう。

現在はこれらの地域に加えて宮城県の鯖寿司が有名です。特に三陸の金華山沖で穫れる「金華鯖」を使った鯖寿司は、脂が乗っていて臭みがなく、旨味が強くジューシーだと言われています。今回はこの金華鯖を使った鯖寿司をご紹介します。

金華鯖の鯖寿司の特徴
  • 日本3大漁場で穫れたブランド魚「金華鯖」を使用

    親潮と黒潮がぶつかる好漁場、三陸の金華山沖で旬に水揚げをした寒鯖の中でも脂がのった大物だけを「金華鯖」と呼びます。金華鯖の特徴は、臭みが少なく旨味が強いジューシーな味わいとされております。寒い海で育つ鯖は上質な脂を表面に蓄え、海流に揉まれることでしまった身質を併せ持ちます。

  • 食材王国宮城が誇るブランド米「ササニシキ」を使用

    ササニシキの最大の魅力は、香りの良さと口の中で心地よくほどけるやわらかな食感、そしてあっさりしていて「くどくない」「甘すぎない」こと。そのためシャリにこだわりのあるお寿司屋さんにの間では大人気のお米なのです。天候に左右されやすく栽培が難しいため、宮城でも入手しにくい幻のお米とも言われています。

  • 素材を活かし鯖寿司へ一体感を「持たせる熟練の技術」

    華ずしでは塩を馴染ませ、骨を抜き、酢で〆るという工程を全て手作業で行っています。合わせる酢は秘伝の配合比により配合され寿司作りに適したシャリを追求し、最後に握りの工程によって鯖寿司の味ががらりと変わってしまうため職人の腕の見せ所です。

  • メディアによる多数掲載

    BRUTASのお取り寄せグランプリにて紹介されたり、るるぶやまっぷるでも実店舗を紹介していただいております。また食に関する賞を受賞した実績もあります。第40回宮城県水産加工品評論議会 県知事賞受賞、2018年年フードアクションアワード 特別賞受賞

東日本大震災の苦難を乗り越えた華ずし

この金華鯖の鯖寿司を製造・販売しているのは、宮城県・石巻にて事業を始めた「華ずし」です。2005年に同社の社長が京都に訪れた際に食べた鯖寿司に感動し、この美味しさを東北でも広げたいと考えたのが始まりです。しかし、最初に作られたものは京都で食べた鯖寿司には遠く及ばなかったため、京都の老舗で修行しました。その結果、京都の伝統と宮城県の食材がコラボーレーションした鯖寿司が生まれたのです。

しかし、2011年3月に東日本大震災が発生し、同社を取り巻く環境は大きく変わります。石巻の工場は稼働できず、製造量は1/3まで落ち込みました。現在は仙台に工場を移転し、全国の鯖寿司ファンに商品を届けていますが、大きな苦難を乗り越えて出来上がったのがこの鯖寿司なのです。

京都でも岡山でもない、宮城県の鯖寿司。三陸という素晴らしい漁場で獲った鯖から生まれた鯖寿司は京都・岡山とは違った美味しさが感じられるはずです。この金華鯖を使った鯖寿司は公式ネットショップのほか、楽天市場でも購入できます。自宅でしっとり飲む日本酒の肴として、お取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

鯖寿司に合わせる日本酒

鯖寿司には酢飯が使われていますが、燗酒を合わせてしまうとこの酢が際立ってしまうため、冷酒で特にすっきり辛口タイプが合うのではないでしょうか。また、せっかく宮城県の食材を使った料理と合わせるので、日本酒も宮城県で造られたものを選びましょう。宮城県はササニシキを使った純米酒が多いことが特徴ですので、ササニシキ100%で造られた日本酒を選べばオール宮城の食が楽しめますよ。

商品名 浦霞 生一本 特別純米酒
蔵元 (株)佐浦 「浦霞」
原材料 宮城県産ササニシキ100%(精米歩合60%)
日本酒度 +2

 

関連記事

  1. インスタント焼きそばを、本当の焼きそばにする商品

  2. 食パンの焼き色にこだわりたい人のための3万円オーブン

  3. 野菜の鮮度を保つ魔法の卵「アンドグリーン 鮮度保持エッグ」

  4. 【意外な一品】越前福井「天たつ」の越前仕立て汐雲丹(福井県)

  5. 温度調節が簡単!今年の冬はコレで日本酒の熱燗を嗜もう。