【BOOK REVIEW】The World of ARAMASA 新政酒造の流儀

今の日本酒業界において、新政酒造が醸す日本酒はモダンなイメージが強いのですが、実際はモダンではなく、むしろレトロな酒であることがよく分かりました。最先端技術を使った誰でも造れるような酒ではなく、日本酒の原点である江戸時代の酒造技術を再現し生まれたのが今の新政です。最先端技術を使えばどんな酒蔵でも高品質な酒が造れます。しかし一方で、現在のように味や香りが均質化し多様性が失われます。そして誰でも造れるようになれば日本以外の海外の生産者も増え、結果的に国内の酒蔵の競争力は低下していくという危機感があるようです。

新政の商品ラインナップ
No.6
  • 全商品が生酒
  • 製造後から出荷まではマイナス5度の厳戒態勢で鮮度が保たれている
  • 出荷後は3ヶ月以内の品質保証期間が推奨されている
Colors
  • 新政の中核を担う火入殺菌酒
  • 全て木桶仕込み
  • 3〜5年以上の長期熟成に適す
PRIVATE LAB
  • 新政の実験ライン
  • 貴醸酒、高酸味酒、低アルコール発泡酒、低精白酒で構成
Astral Plateau アストラル・プラトー
  • 農民藝術概論、異端教祖株式会社、見えざるピンクのユニコーン
  • 最高品質の酒米を使った少量生産ライン
  • 新桶仕込み、酵母無添加

関連記事

  1. 新潟清酒達人検定(銅の達人)体験記

  2. 子どもの頃の日本酒

  3. 自宅でも飲める、ANAファーストクラス提供の日本酒

  4. Amazon、楽天市場で購入できる「日本酒」関連書籍(随時更新)

  5. 沖縄・瀬長島のルーフトップバーから見るサンセット

  6. 【雑誌の掲載店】Meets Regional 2021年6月号「そうだ…