鋳物メーカー「能作」が錫製の酒器と若鶴酒造の日本酒のセット商品をネット販売

トレンド

富山県高岡市にある鋳物メーカー・能作(のうさく)が、4月22日にインターネット販売限定の酒販免許を取得し、5月中旬から同社の商品と日本酒・ビールを組み合わせた商品を販売します。同社の錫製品は2008年に米国ニューヨーク近代美術館にあるデザインストアの販売品に認定されるなど世界から高い評価を獲得しています。しかし、新型コロナの影響により実店舗での販売数が減少したことを機にインターネット販売に注力しはじめました。

今回同社の商品とセット販売するお酒は砺波市にある若鶴酒造の日本酒と、南砺市にある城端麦酒の地ビールです。セット商品の販売価格は2万円前後から8,000円前後と一般的なギフト商品と同等です。また、ギフト商品以外にも片口やぐい呑等の酒器が単品販売されているので純粋に自分でお酒を楽しみたい人も一見の価値があります。

能作公式オンラインショップ

Related Articles

人気記事ランキング

  1. 1

    効果抜群!鳩よけグッズ。僕はこれで鳩よけに成功しました。

  2. 2

    【京都の新店舗】Kacto(カクト)

  3. 3

    全国39の特約店でしか購入できない日本酒・王祿

  4. 4

    【雑誌の掲載店】Meets Regional 2021年6月号「そうだ、京都で飲もう。」

  5. 5

    2023年度SAKE DIPLOMA受験者向けの勉強方法(随時更新)

最近の記事

  1. 【京都の新店舗】鮨処 すさび湯

  2. 笹祝酒造(新潟市)が2023年3月に麹体験が出来る施設を開業

  3. 【京都の新店舗】MAISON TANUKI(メゾンタヌキ)

  4. 静岡県産の酒米にこだわり続ける日本酒酒蔵「花の舞酒造」

  5. 2023年1月17日から京都市の証明書発行手数料が値下げ

Map of all restaurants

TOP