鋳物メーカー「能作」が錫製の酒器と若鶴酒造の日本酒のセット商品をネット販売

トレンド

富山県高岡市にある鋳物メーカー・能作(のうさく)が、4月22日にインターネット販売限定の酒販免許を取得し、5月中旬から同社の商品と日本酒・ビールを組み合わせた商品を販売します。同社の錫製品は2008年に米国ニューヨーク近代美術館にあるデザインストアの販売品に認定されるなど世界から高い評価を獲得しています。しかし、新型コロナの影響により実店舗での販売数が減少したことを機にインターネット販売に注力しはじめました。

今回同社の商品とセット販売するお酒は砺波市にある若鶴酒造の日本酒と、南砺市にある城端麦酒の地ビールです。セット商品の販売価格は2万円前後から8,000円前後と一般的なギフト商品と同等です。また、ギフト商品以外にも片口やぐい呑等の酒器が単品販売されているので純粋に自分でお酒を楽しみたい人も一見の価値があります。

能作公式オンラインショップ

Related Articles

人気記事ランキング

  1. 1

    【日本酒ゴーアラウンド2023】開催地別の参加店舗とGoogleマップ一覧

  2. 2

    【出川哲朗の充電させてもらえませんか?】行くぞ!愛媛お遍路ナダルクロちゃんSPのロケ地・スポット紹介

  3. 3

    効果抜群!鳩よけグッズ。僕はこれで鳩よけに成功しました。

  4. 4

    【出川哲朗の充電させてもらえませんか?】<宮川大輔>初充電!石垣島ぐるり前編のロケ地・スポット紹介

  5. 5

    全国39の特約店でしか購入できない日本酒・王祿

最近の記事

  1. 【京都の新店舗】焼肉SOYA(そーや)

  2. 全国きき酒選手権大会 京都予選に出場しました。結果は・・・

  3. アジア各地の空港送迎ならkkdayがおすすめ

  4. 世界ベストホテル50に宿泊しよう

  5. 【出川哲朗の充電させてもらえませんか?】行くぞ!愛媛お遍路ナダルクロちゃんSPのロケ地・スポット紹介

京都グルメマップ2023

TOP