秋田・日本酒蔵元数の推移

現在、注目されている秋田県の日本酒ですが、日本酒を造る蔵元数は年々減少しています。1675年当時は現在の約20倍にあたる746蔵が存在していました。その後、200年ほどで500蔵以上が無くなり、現在は37蔵のみが営業を続けています。

秋田県の蔵元数の推移

(資料:秋田県総合食品研究センター醸造試験場)

関連記事

  1. 広島県の酒蔵マップ

  2. 帯広畜産大学構内の酒蔵、上川大雪酒造・碧雲蔵

  3. 千葉県の酒蔵マップ

  4. 2021年から本格始動する(一社)J.S.Pに加盟する39の酒蔵

  5. 自宅で純米大吟醸の酒米を育てる「STAY 米 HOME」プロジェクト

  6. 【新潟の日本酒】新潟清酒を体感できるスポット