秋田・日本酒蔵元数の推移

現在、注目されている秋田県の日本酒ですが、日本酒を造る蔵元数は年々減少しています。1675年当時は現在の約20倍にあたる746蔵が存在していました。その後、200年ほどで500蔵以上が無くなり、現在は37蔵のみが営業を続けています。

秋田県の蔵元数の推移

(資料:秋田県総合食品研究センター醸造試験場)

関連記事

  1. 山形県の酒蔵マップ

  2. 鳥取県の酒蔵マップ

  3. 日本酒「雁木」を造る八百新酒造株式会社

  4. 大阪府の酒蔵マップ

  5. 宮崎県の酒蔵マップ

  6. 香川県の酒蔵マップ