低アルコールで飲みやすいクラフトジン「HOLON」

最近、ウイスキーやジンなどを製造する小規模の蒸留所が相次いで開設されています。今までは大手酒造メーカーが製造する量販品が主流だったのですが、個性豊かな小規模メーカーの参入が相次ぎ、若者を中心に「クラフト蒸留酒」が人気です。特に女性に人気なのがクラフトジンです。蒸留酒にハーブや果実など自然素材を加える酒で、首都圏の蒸溜所が相次いて参入しています。日本酒やワインが地方で製造されるのに対して、クラフトジンは首都圏で製造されるため、より市場の声を反映した商品が作りやすい環境と言えるでしょう。

新規参入した蒸溜所のひとつが2020年に開設された東京都江東区のエシカルスピリッツ株式会社です。台東区内のビル1棟を借り上げ、今年の1月下旬から蒸留を始めました。同社では様々な個性を持った蒸留酒が販売されていますが、同社のECでは購入できない商品もあります。それが(株)カンカクが販売している「HOLON」というブランド酒です。

HOLON

「HOLON」は、”ととのえる”時間に寄り添うクラフトジンブランドです。ストレスや疲れを抱えやすい現代人にやさしい東洋のハーブやスパイスなど9種類のボタニカルを調合しています。心と身体の調和をテーマに、その味わいを保ったまま口あたりのよさを引き出すため、ジンとしては低アルコールである約35度ほどに仕上げており、炭酸水などで割るとアルコール度数およそ5~7%ほどから楽しめるのが特長です。2020年12月にクラウドファンディング形式でスタートした事前予約受付では、開始初日で目標金額を達成し、最終日には目標金額の約290%に到達するほど注目されました。

<HOLONの特徴>
  1. ジンの中では低アルコールで飲みやすい
  2. ハーブティーのような香りで心にやすらぎを与える
  3. お茶割りやソーダ割りなど飲み方は多様
  4. 国際中医薬膳士が監修しているから安心

ご自身はもちろん、ジン好きな知人・友人へのプレゼントとしても最適な商品です。


関連記事

  1. Discover Japan 2020年3月号に掲載されている日本酒

  2. 滋賀県の酒蔵マップ

  3. 日本酒「山頭火」を造る金光酒造株式会社

  4. 遂にAI技術を搭載した自動製麹機が登場。そのお値段は7,000万円

  5. The SAGA認定酒とは(佐賀県原産地呼称管理制度)

  6. 香川県の酒蔵4社がオリーブ酵母で新酒をリリース