【南部美人】酒米を使ったクラフトジンとウォッカの製造を開始

2021年4月10日、岩手県の酒蔵・南部美人は酒米を原料としたクラフトジンとウォッカの製造・販売を開始すると発表しました。なぜこのタイミングでこのような取り組みを行うに至ったのか。それは契約栽培している酒米が余るためです。同社によると2021年9月期の日本酒の出荷量は約15%の減少を見込んでいるのですが、それに合わせて栽培面積を減らすことは難しく、余った酒米を有効利用する方法を模索していたのだとか。

一時期は長期熟成に向く日本酒等醸造酒の製造も考えたようなのですが、ワインと比較すると日本酒の長期熟成は未知な部分が多くノウハウが足りないため、長期保存に向く蒸留酒を選びました。蒸留酒は製造において原料を大量に消費するため、余った酒米の有効活用にもなるようです。

販売する商品の価格は、ジンが1本4,000円程度、ウォッカが1本3,000円程度になる見込みです。販売開始時期は今年の夏以降で、南部美人のホームページにも詳細は掲載されていません。しかし、専用のお問い合わせフォームが設置されているため、興味のある方は事前に情報収集しておくことをおすすめします。おそらくすぐに売り切れるでしょう。

 南部美人公式ホームページ

関連記事

  1. 広島県の酒蔵マップ

  2. 日本酒「獺祭」を造る旭酒造株式会社

  3. 宮城県の酒蔵マップ

  4. 秋田県が開発した清酒酵母

  5. 京都府内にある酒蔵

  6. 低アルコールで飲みやすいクラフトジン「HOLON」