【SAKE DIPLOMA】日本酒(清酒)の製成数量推移

NANAME KIKAKUは国税庁がリリースしている「酒類製成数量の推移」を元に、日本酒(清酒)の製成数量の推移をグラフにしました。比較対象として単式蒸留焼酎の数値も挿入しています。これによると、日本酒(清酒)は2005年までは年間50万キロリットル以上製成していたのですが、それ以後は50万キロリットルを下回り、その後も下降傾向にあることが分かります。単式蒸留焼酎と比較した場合、年々その差は縮まっているのですが、2005年以降一度も日本酒が単式蒸留焼酎の上回っていないことが分かります。

日本酒(清酒)の製成数量推移

(出所)国税庁「酒類製成数量の推移

関連記事

  1. 2019年度SAKE DIPLOMA 傾向と対策

  2. SAKE DIPLOMA二次試験の焼酎テイスティングの勉強方法

  3. 【SAKE DIPLOMA】日本で最も日本酒を飲む都道府県は、新潟県!…

  4. 利酒師とSAKE DIPLOMAの受験費用・維持費用の比較

  5. SAKE DIPLOMA資格保有状況と2019年合格率予測

  6. 【SAKE DIPLOMA2020】日本酒と料理のペアリング問題対策