SAKE DIPLOMA合格後に目指すSAKE DIPLOMA International

2018年度SAKE DIPLOMA試験に合格し、2019年度受験者向けの教材を開発・販売した時に驚いたのは日本人だけでなく外国人(特に台湾、香港)も日本酒に興味があり、SAKE DIPLOMA試験を受験しようとする人がいるということでした。中でも大学教授や経営者など可処分所得の高い、知的好奇心旺盛なホワイトカラーが多いのが特徴です。これは日本におけるフランスワインと全く同じで、日本人でワインに興味を持つのも同様の人たちです。

今、SAKE DIPLOMA資格を持つ人の中には日本人の日本酒に関する知識や好奇心を高めようと努めている人もいると思いますが、同時に外国人に向けた取り組みを始める人も増えていくでしょう。そのためには英語で日本酒を説明できるようにならないといけません。そこでオススメなのがSAKE DIPLOMA Internationalという資格試験です。この試験の特徴は日本だけでなく海外でも実施されることです。今年は東京以外に中国、台湾、米国、ドイツにて実施されます。また、日本の試験と異なり一次試験と二次試験は同日に行われます。

試験日は2020年10月17日です。まだまだ余裕がありますので、興味のある方は早めに申し込んでテキストを入手しましょう。特に2019年度までにSAKE DIPLOMA試験に受かった方は合格しやすと思われます。なぜなら、International版テキストは最新の日本語テキストではなく、一つ前のテキストをベースにしているからです。

2021年度のInternational試験は現在の日本語テキストがベースになるようですので、2020年度に受験しておくほうが絶対にお得(?)ですよ。私自身、現在勉強中ですが、語彙力はだいぶ落ちましたが、それでも日本語テキストの内容を覚えているのでなんとかなりそうです。

関連記事

  1. SAKE DIPLOMA試験対応の電子書籍「SAKE QUIZ 250…

  2. 一人暮らしでブラインドテイスティングする方法

  3. 2020年SAKE DIPLOMA一次試験合格者の声

  4. SAKE DIPLOMA二次試験に向けて

  5. 2020年度SAKE DIPLOMA受験者向けの勉強方法

  6. SAKE DIPLOMA二次試験で役立つ日本酒の定期便「saketak…