【SAKE DIPLOMA】特定名称のタイプ別製造数量

NANAME KIKAKUは国税庁がリリースしている「特定名称の清酒のタイプ別製成数量の推移表」を元にグラフを作成しました。このグラフによると、2005年時点においては本醸造酒の数量が最も多かったのですが、昨今は純米酒と純米吟醸酒の比率が高くなっています。ちなみに現在、最も製造数量が多いのは純米酒で、次いで純米吟醸酒となっています。純米酒は若干減少傾向にありますが、純米吟醸酒は増加傾向があります。

関連記事

  1. 2019年度SAKE DIPLOMA二次試験対策〜外食で日本酒を飲む時…

  2. SAKE DIPLOMA受験対策講座が受けられるスクール・教室

  3. 【SAKE DIPLOMA】日本酒(清酒)の製成数量推移

  4. SAKE DIPLOMA資格保有状況と2019年合格率予測

  5. 2020年度SAKE DIPLOMA受験者向けの勉強方法

  6. 2020年度SAKE DIPLOMA受験者向けの教材を提供開始