香川県の酒蔵4社がオリーブ酵母で新酒をリリース

先日4月17日に、香川県の酒蔵4社がオリーブから採取した酵母で造った新酒をリリースしました。この酵母は香川県酒造組合が2015年に発案し、香川県産業技術センター発酵食品研究所が花や実などから採った酵母で、酒造りに適したものを研究してきました。最終的には実から採取した酵母のうち、アルコールに強い品種を選び出して「さぬきオリーブ酵母」と名付けたようです。

今回このオリーブ酵母を使って新酒をリリースしたのは次の4社です。

どんな味わいを感じる日本酒なのでしょうか。気になります。

関連記事

  1. 山形県で「東光」を造る小嶋総本店が全量純米造りへ転換

  2. サケ料理専門の日本酒「サーモンデシュ」(吉久保酒造/茨城県)

  3. 兵庫県の酒蔵マップ

  4. 滋賀県の酒蔵マップ

  5. 山形県の酒蔵マップ

  6. 【酒蔵見学】きょうかい12号酵母の発祥蔵、「浦霞」を醸す「佐浦」