4月1日から施行される「ジャパニーズウイスキーの表示に関する基準」とは

日本酒洋酒酒造組合は2021年4月1日から「ウイスキーにおけるジャパニーズウイスキーの表示に関する基準」を運用することを決定しました。なぜこのような基準を設けたのでしょうか。それは現在日本国内で流通している「ジャパニーズウイスキー」の中に、海外で製造された輸入ウイスキーの原酒を国内で瓶詰めした製品が混ざっているからです。これにより本当の国産ウイスキーのブランド価値を下げているため、今回のような基準作りに至ったようです。

ウイスキーにおけるジャパニーズウイスキーの表示に関する基準

「ジャパニーズウイスキー」の名称を使えるのは以下の基準を満たしたウイスキーだけとなります。

原材料 原材料は、麦芽、穀類、日本国内で採水された水に限ること。なお、麦芽は必ず使用しなければならない。
製造 糖化、発酵、蒸留は、日本国内の蒸留所で行うこと。なお、蒸留の際の留出時のアルコール分は95度未満とする。
貯蔵 内容量700リットル以下の木製樽に詰め、当該詰めた日の翌日から起算して3年以上日本国内において貯蔵すること。
瓶詰 日本国内において容器詰めし、充填時のアルコール分は40度以上であること。
その他 色調の微調整のためのカラメルの使用を認める。

原料である水、製造、貯蔵、瓶詰めに関しては全て国内に関する基準が設けられています。日経新聞によると、対象となるのはサントリーの「響」「山崎」「白州」「知多」「ローヤル」「スペシャルリザーブ」「オールド」、海外市場向けの専用商品「季(TOKI)」の8ブランド、ニッカウヰスキーの「竹鶴」「余市」「宮城峡」「カフェグレーン」4ブランド、キリンの「富士」1ブランドです。

課題は消費者にとって、基準を満たすウイスキーとそうでないウイスキーの違いが分からないことです。特にハイボールのように薄めて使用する場合はその違いはほとんど分からないでしょう。逆に基準を満たすというだけで割高の商品になってしまえば、却って消費者から敬遠される可能性もあります。造り手にとってはこのような基準造りは大切だと思いますが、今まで以上に消費者に対してジャパニーズウイスキーの素晴らしさを伝える啓蒙活動に力を入れる必要があるのではないでしょうか。

関連記事

  1. 酒蔵公式インスタグラム一覧(青森県)

  2. 酒蔵公式インスタグラム一覧(埼玉県)

  3. 酒蔵公式インスタグラム一覧(京都府)

  4. 酒蔵公式インスタグラム一覧(群馬県)

  5. 2021年秋から出荷開始!酒粕を食べて育った「やまぐちほろ酔いサバ」

  6. 酒蔵公式インスタグラム一覧(栃木県)