群馬県沼田地域「利根沼田」の日本酒が国内では6つ目として地理的表示(GI)に登録。

2021年1月22日に群馬県利根沼田地区で造られる日本酒を対象に、清酒の地理的表示(GI)「利根沼田」が新たに登録されました。「日本酒」を除く地域別のGIとしては国内で6つ目となります。ちなみに現在、国内で登録されている地域別GIは、白山(石川県)、山形(山形県)、灘五郷(兵庫県)、播磨(兵庫県)、三重(三重県)、そして今回の利根沼田(群馬県)です。

GI「利根沼田」の特徴

地域性 関東初のGI
地域内の酒蔵 4蔵(大利根酒造、永井本家、永井酒造、土田酒造)
範囲 沼田市を含む5市町村に限定
酒米 「雪ほたか」「五百万石」「コシヒカリ」のみ
酒の特徴 総じて透明感のある味わいのなかに適度なうまみを感じる

GI「利根沼田」のロゴ

関連記事

  1. 【SAKE DIPLOMAが選ぶ、日本酒ふるさと納税】宮城県涌谷町

  2. 日本酒「WAKAZE」がパリ発の清酒を販売

  3. 2020年に新たに加わった2つのGI(地理的表示)

  4. 島根県のオリジナル新酒米「縁の舞」が本格栽培開始

  5. 酒米農家を救うために、酒米を原料とした米粉でお菓子作り

  6. 【日本酒イベント】土佐の「おきゃく」2021