新しくなったスーパーホテルの会員制度「Super Hotel Smart Membership」とは

トレンド

全国に約170店舗を展開するビジネスホテルチェーン「スーパーホテル」は2024年7月1日に会員制度「Super Hotel Smart Membership」を更新しました。今回の更新により1泊あたり獲得できるポイント数が増え、従来よりもポイントを貯めやすくなります。

今回はこの更新の概要をご紹介します。

 3つの会員ステータス

スーパーホテルの会員制度では、3つの会員ステータスが用意されています。このステータスは1年間の宿泊数に応じて決まります。初回登録時はブロンズ会員で、年間10泊でシルバー会員、年間20泊でゴールド会員になります。1泊ごとに獲得できるポイントは一律500ポイントなのですが、ボーナスポイントとしてシルバーは100ポイント、ゴールドは200ポイントが追加で加算されます。

ブロンズ(初回) 500ポイント
シルバー(年間10泊) 500+100ポイント
ゴールド(年間20泊) 500+200ポイント

このポイントは宿泊回数ごとに獲得できるので、できるだけ安い宿泊料金の時に泊まる方が還元率が高くなります。スーパーホテルの平均宿泊料金は1泊5000〜7000円ですので、どの会員であっても大体1割くらいはポイントで還元されるお得な仕組みになっています。

 ポイントの使い道

仮に年間20泊してゴールド会員になった場合、14000ポイントが貯まります。このポイントをどのように使うべきか。スーパーホテルでは精算時に1ポイントを1円として、1000ポイント単位で使うことができます。要は14000円分の現金と同等の扱いとして使用することができます。これはかなりお得だと思います。

ただし、利用には条件があるので注意してください。まず、ステータスの算定期間が決まっています。毎年4月から翌年3月を宿泊算定期間とし、6月にステータスが更新されます。つまり、次の会員ステータスの更新は2025年の6月になり、その3ヶ月前の3月までに宿泊回数をカウントする必要があります。ステータスアップの権利を獲得しても、実際に利用できるまでには3ヶ月間のタイムラグが生じます。

また、会員ステータスは一度上がっても、その年度に必要泊数に達しない場合、次の更新時にランクダウンしてしまいます。つまり、ゴールド会員を継続するためには、毎年20泊以上しなければいけないということです。19泊だとシルバーに降格です。ポイントは貯めやすいのですが、そのステータスを維持するための条件は意外とシビアです。

詳しい情報を見たい場合はスーパーホテルの公式サイトをご覧ください。

 スーパーホテル会員制度

Yasuyuki Ito

Yasuyuki Ito

京都市在住。 日本ソムリエ協会認定SAKE DIPLOMA(2018年度合格/No.2153)、SAKE検定認定講師。(社)日本ソムリエ協会正会員(No.29546)。大学卒業後は(株)マイナビに入社し約10年間、顧客企業の新卒・中途採用領域における採用ブランディング、クリエイティブディレクションを経験しました。30代はワインにハマり、40代は日本酒にハマる。さて、50代は何にハマろうか。

Related Articles

特集記事

人気記事ランキング

  1. 1

    阪急大宮駅の駅ビル「大宮阪急ビル」の建て替え後の全貌が分かった(7.16更新)

  2. 2

    ピザハットのスライスとランクって何?

  3. 3

    効果抜群!鳩よけグッズ。僕はこれで鳩よけに成功しました。

  4. 4

    【体験談】UR賃貸住宅で仮申込から内覧までしてみたよ。

  5. 5

    2024年度SAKE DIPLOMA受験者向けの勉強方法(随時更新)

TOP