【酒蔵見学】隈研吾が設計した「獺祭」旭酒造の本社蔵を見る旅

あまりにも有名になりすぎてしまったが故に、あえて「獺祭」を選ばない日本酒好きが増えています。しかし、獺祭を造る旭酒造の酒造りは画期的で国内よりもむしろ海外の日本酒好きから注目を集めています。もし、新型コロナウイルスの感染拡大がなければ間違いなくインバウンドで注目されたスポットになっていたでしょう。

旭酒造の本社蔵は山口県岩国市にあります。その本社蔵の向かい側にある獺祭直営ストアは世界的建築家・隈研吾氏の設計によるものです。ストアでは試飲はもちろん、酒粕を使ったスイーツやグラス、酒造りで使う山田錦(酒米)等を販売しています。地図で見ると周囲には何もない辺鄙な場所だと感じますが、岩国城など観光地もあります。地方の小さな酒蔵の見学も楽しいのですが、旭酒造のような最先端の酒蔵に訪れるのも楽しいと思いますよ。

酒蔵の概要

酒蔵名 旭酒造株式会社
代表銘柄 獺祭
所在地 山口県岩国市周東町獺越2167-4
最寄り駅 JR「周防高森駅」からタクシーで15分
蔵見学 可能 ※現在は休止中

関連記事

  1. 福井県オリジナル酒米「さかほまれ」を使った大吟醸が19日にリリース

  2. 秋田・日本酒蔵元数の推移

  3. 静岡県の酒蔵マップ

  4. 青森県の酒蔵マップ

  5. 「清酒特区」に認定された新潟県佐渡市の尾畑酒造が学校蔵で日本酒づくり

  6. 群馬県の酒蔵マップ