バブル期の名酒「越乃寒梅」がリブランディングで新規顧客層を開拓

酒蔵関連情報

40代以上の日本酒好きなら「越乃寒梅」という銘柄を知らない人はいないでしょう。その世代が小学生、中学生の頃は高級酒の代名詞的な存在で、親戚の叔父さんが正月に持ってくる酒の多くが越乃寒梅だったことを今でも覚えています。

しかし、今、越乃寒梅を扱う酒販店や飲食店は少なくなりました。20代の若者はこの銘柄自体知らないようです。なぜ、このような状態になってしまったのでしょうか。それは、昔の知名度に安住してしまい、今の環境に合わせたブランディングが出来ていないからです。ブランディングを怠っている間に、他の小さな酒蔵が時代に合わせた酒造りを行ったことで、ますます越乃寒梅の存在感が小さくなってしまいました。

そんな越乃寒梅ですが、2022年後半からリブランディング戦略を始めました。その手始めに販売したのが純米吟醸酒「浹(あまね)」です。この酒は「令和の越乃寒梅」をコンセプトに醸造したもので、アルコール度数を14度と他の商品より低く設定し、30〜40代の女性をターゲットにしています。ラベルも女性を意識したデザインです。

このリブランディングの結果、2022年11月7日の発売以来、1ヶ月間で初年度の売上目標の約25%を達成したのだとか。元々技術力の高い酒蔵でしたので、飲んでもらう機会だけつくれば、あとは自然と売れていくでしょう。

越乃寒梅や久保田など昔に有名だった銘柄が本気でブランディングをやり始めています。始動が遅かったこともあり、そんなに簡単には浸透しないと思いますが、これからますます日本酒市場が面白くなりそうです。2023年はこのようなリブランディング銘柄に要注目です。

Koshino-Kanbai, a famous sake from the bubble era, rebrands to attract a new customer base.

If you are a sake lover in your 40s or older, you have probably never heard of the brand name “Koshino-Kanbai. When that generation was in elementary and junior high school, it was synonymous with high-class sake, and I still remember that most of the sake my uncle’s relatives brought him for New Year’s was Koshinokanbai.

However, few sake stores and restaurants now carry Koshino-Kanbai, and young people in their 20s seem to be unaware of the brand itself. Why has this situation come to this? It is because they have become complacent with their old brand name and have not branded themselves in accordance with the current environment. While neglecting branding, other small sake breweries have adapted their brewing to the times, making Koshino Kanbai’s presence even smaller and smaller.

Koshinokanbai began a rebranding strategy in the latter half of 2022. As a first step, the company launched a junmai ginjo-shu called AMANE. This sake was brewed under the concept of “Koshino-Kanbai in Reiwa era,” with an alcohol content of 14%, lower than other products, and targeted at women in their 30s and 40s. The label is also designed with women in mind.

As a result of this rebranding, they have achieved about 25% of their first-year sales target in the first month since its launch on November 7, 2022. The brewery was originally highly skilled, so if they could just create an opportunity for people to drink the sake, the rest would sell naturally.

Brands that were famous in the past, such as Koshino-Kanbai and Kubota, are starting to seriously rebrand themselves. We will be keeping a close eye on these rebranded brands in 2023.

Related Articles

人気記事ランキング

  1. 1

    効果抜群!鳩よけグッズ。僕はこれで鳩よけに成功しました。

  2. 2

    【京都の新店舗】Kacto(カクト)

  3. 3

    全国39の特約店でしか購入できない日本酒・王祿

  4. 4

    【雑誌の掲載店】Meets Regional 2021年6月号「そうだ、京都で飲もう。」

  5. 5

    2023年度SAKE DIPLOMA受験者向けの勉強方法(随時更新)

最近の記事

  1. 【京都の新店舗】鮨処 すさび湯

  2. 笹祝酒造(新潟市)が2023年3月に麹体験が出来る施設を開業

  3. 【京都の新店舗】MAISON TANUKI(メゾンタヌキ)

  4. 静岡県産の酒米にこだわり続ける日本酒酒蔵「花の舞酒造」

  5. 2023年1月17日から京都市の証明書発行手数料が値下げ

Map of all restaurants

TOP