秋田県が開発した清酒酵母

秋田県で最も有名な酵母は「秋田流花酵母AK-1」でしょう。SAKE DIPLOMA試験でも出題される可能性の高い酵母です。秋田県ではこのAK-1以外にも様々な酵母が開発されています。今回はその酵母と特徴をご紹介します。

秋田流花酵母AK-1(1991年) 爽やかな軽快タイプ。
秋田流雅酵母AK-4(1998年) 香り華やか上品な味わい。ソフト清酒用
こまち酵母(2002年) 吟醸香が高く、含み香がある。
秋田純米酵母(2004年) 吟醸香、含み香がありなめらかな味わい
華こまち(2007年) 香り華やか
秋田酵母No.15(2009年) メロンの香り、味は膨らみ
秋田酵母No.12(2009年) バナナの香り、軽快タイプ
こまち酵母スペシャル(2012年) 香りは極めて華やか
こまち酵母R-5(2013年) 香りは華やか
秋田蔵付分離酵母(2012年〜) 秋田県内25蔵から分離されたオリジナル酵母
AKITA雪国酵母(2015年) リンゴ、メロンの香り、フレッシュな味わい

 秋田県酒造協同組合

関連記事

  1. 日本酒好きは必見!Amazonオリジナル「石ちゃんのSAKE旅」

  2. 愛知県の酒蔵マップ

  3. 香川県の酒蔵4社がオリーブ酵母で新酒をリリース

  4. 静岡県の酒蔵マップ

  5. 帯広畜産大学構内の酒蔵、上川大雪酒造・碧雲蔵

  6. 神奈川県の酒蔵マップ