沖縄・瀬長島のルーフトップバーから見るサンセット

Go toトラベルキャンペーンが始まる直前に4泊5日で沖縄に行ってきました。今年は仕事で行く機会が多かった沖縄ですが、今回は完全なオフ。ただ、SAKE DIPLOMA教材の注文には対応できるようにタブレット端末は持参しました。実は毎年京都の祇園祭の時期に沖縄に行くのですが、毎回晴れているのです。しかし、今回は残念ながらずっと雨でした。

若かりし頃は離島や本島の北部まで移動していたのですが、歳を重ねると移動が億劫になり、最近は那覇周辺のホテルに宿泊する機会が増えました。その中でも特に気に入っているのが瀬長島にある瀬長島ホテルです。那覇空港からタクシーで10分ほどの場所にあり、那覇空港を離発着する飛行機がホテルの上を飛んでいます。また、ホテル内には温泉施設があり、海を眺められる露天風呂もあります。ホテル宿泊者は何度でも利用できるので、僕は朝昼晩、最低3回は利用しました。

ライトは青・紫・緑・黄色など常に変わっています。

瀬長島にはホテル以外にもウミカジテラスという商業施設があります。ここには約40の店舗が入っていて食事もすることができます。瀬長島にはコンビニが無いため、何か買い物をしようと思えばウミカジテラスを利用する他ありません。このちょっとした不便さがまた休日っぽくて好きなのです。あまりに便利すぎると日常と変わりませんから。

ウミカジテラス以外でおすすめなのが、ホテルに隣接するイタリア料理店「ポジリポ クッチーナ メリディオナーレ」です。この店はオーシャンビューで、天気の良い日はテラス席で食事することができます。このイタリア料理店の階上にあるのがルーフトップバーです。日が沈む30分前からオープンするのですが、ここから眺めるサンセットは最高です。意外と人が少なく穴場です。

目の前に見える陸地は那覇空港の第2滑走路です

日が落ちた後は、バーカウンターがライトアップされます。個人的にはバンコクのバンヤンツリーホテルの屋上にあるルーフトップバーと同じくらい素晴らしい雰囲気で、夜に離発着する飛行機と空港の夜景も良い感じ。僕は毎回こんな素敵な場所にひとりで来ているのですが、そろそろ誰かと一緒に来たいな〜と訪れる度に思うのでした。

関連記事

  1. 花酵母を使用した日本酒(その2)

  2. SAKE COMPETITION2019の受賞蔵とそのお酒

  3. 新潟清酒達人検定(銅の達人)体験記

  4. 第40回ランニング桜島大会に出場してきました。

  5. 三重県の地酒を購入するなら「べんのや」がおすすめ

  6. 【新潟の日本酒】新潟清酒産地呼称(Niigata O.C.)