日本酒「福寿」の神戸酒心館が、世界初カーボンゼロの日本酒を発売

トレンド

日本酒「福寿」を醸造する神戸酒心館(兵庫県神戸市)は、2022年10月26日に世界で初めて日本酒を造る工程においてカーボンゼロ(二酸化炭素(CO₂)排出量が実質ゼロ)の日本酒「福寿 純米酒 エコゼロ」を発売しました。各業界でサステナビリティを意識した取り組みが広まる中で、日本酒業界の先駆けとなる取り組みとなりました。

福寿 純米酒 エコゼロの特徴

この日本酒の特徴は次の5つです。

  1. カーボンゼロの日本酒
  2. 精米歩合を70%から80%に変更
  3. 醸造日数を短縮化し、エネルギー使用量を軽減
  4. ラベルを廃した「エコロジーボトル」の使用
  5. 環境への優しさが伝わるパッケージデザイン

カーボンゼロということは、醸造工程で発生するエネルギーを少なくすることです。精米歩合を10%高めることにより、精米の時間が短くなります。精米は製造工程においても大きなエネルギーを要するため、これをカットすることでエネルギーの削減が見込めます。また、醸造日数の短縮化のために発酵力の高い「きょうかい乾燥酵母901号」を使用しています。

どれだけカーボンゼロにしたとしても、美味しさを犠牲にしては本末転倒です。その点、この日本酒は従来の美味しさを維持しつつ、カーボンゼロを実現した画期的な商品だと思います。

この商品は神戸酒心館のオンラインショップにて購入することができます。ふるさと納税の返礼品にもなっていますが、若干割高なのでまずはオンラインショップで購入して楽しむことをオススメします。

Related Articles

人気記事ランキング

  1. 1

    効果抜群!鳩よけグッズ。僕はこれで鳩よけに成功しました。

  2. 2

    【京都の新店舗】Kacto(カクト)

  3. 3

    全国39の特約店でしか購入できない日本酒・王祿

  4. 4

    【雑誌の掲載店】Meets Regional 2021年6月号「そうだ、京都で飲もう。」

  5. 5

    2023年度SAKE DIPLOMA受験者向けの勉強方法(随時更新)

最近の記事

  1. 【京都の新店舗】鮨処 すさび湯

  2. 笹祝酒造(新潟市)が2023年3月に麹体験が出来る施設を開業

  3. 【京都の新店舗】MAISON TANUKI(メゾンタヌキ)

  4. 静岡県産の酒米にこだわり続ける日本酒酒蔵「花の舞酒造」

  5. 2023年1月17日から京都市の証明書発行手数料が値下げ

Map of all restaurants

TOP