日本酒「獺祭」を造る旭酒造株式会社

獺祭といえば、おそらく日本酒の中で最も知名度の高い銘柄のひとつでしょう。この日本酒を造っているのが山口県岩国市にある旭酒造株式会社です。現在でも多くの酒蔵は杜氏が醸造責任者として酒造りを行っているのですが、同社には杜氏が存在しません。代わりに誰が責任者になったとしても高品質な商品を安定的に造り出す非属人的なノウハウが蓄積されています。また、最新かつ独自性の高い醸造設備を積極的に導入している点も特徴です。

このような環境で造られる獺祭の多くが純米大吟醸酒です。純米大吟醸酒は他の特定名称酒と比較すると多くの手間と経験が必要ですが、同社で酒造りを行うスタッフの多くが若者なのに、なぜ高品質な商品を生み出せるのか。それは他の酒蔵が寒造り(冬場だけ酒造りを行うこと)を行うのに対して、同社は四季醸造(通年)を行っているからです。これによって若いスタッフであっても他の酒蔵の2倍以上の経験を一年間で積むことができます。さらに前述した最新設備を使用することで経験不足を補うこともできます。

同社のホームページを見て思うことは、「他社が当たり前のように行っていることを一度疑ってみる」という考えが酒造りの根底にあるということ。酒造りも時の変化に応じて造り方を変える必要があります。獺祭がこれだけ有名になり売れているのは、美味しさだけでなく時代に合った酒造りを行っているからではないでしょうか。

旭酒造株式会社の企業情報
蔵名 旭酒造株式会社
所在地 742-0422 山口県岩国市周東町獺越2167-4
電話番号 0827-86-0120
URL http://asahishuzo.ne.jp/
オンラインショップ https://www.dassaistore.com/
蔵見学
採用情報
主要銘柄 獺祭

獺祭を購入する

獺祭は同社が契約する正規取扱店にて購入することをおすすめします。正規取扱店以外の店舗で購入した場合、正常な小売価格で購入できない可能性が高く、また品質に関しては担保されません。正規取扱店に関しては下の地図にまとめましたので、ご自身の近くのお店をお探しください。ただし、地域によっては獺祭を扱う店舗が少ない場合もあります。その場合は正規取扱店のオンラインショップをご利用ください。

Google Mapアプリで開く

蔵見学への行き方

旭酒造では蔵見学を受け付けています。しかし、同社の所在地周辺には鉄道の駅は無く利便性の低い場所にあると言えます。鉄道で行く場合は、新幹線の「徳山駅」または「新岩国駅」でローカル線に乗り換えて、最寄りの「周防高森駅」に行きましょう。そこからタクシーで15分で同社に到着します。もし、同伴者に飲めない方がいたらレンタカーで行くほうが便利だと思います。


関連記事

  1. 福岡県の酒蔵マップ

  2. 青森県の酒蔵マップ

  3. 新潟県の酒蔵マップ

  4. 福島県の酒蔵マップ

  5. 千葉県の酒蔵マップ

  6. 日本酒「山頭火」を造る金光酒造株式会社